×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バンド名の由来

ミスターチルドレンは、メンバーが「チルドレン」という英単語の響きが好きで、そこから子供だけじゃダメということでミスターを付け加えて「Mr.Children」になりました。
というように「各バンドに歴史あり」で、名前を付ける時のエピソードには、意外と面白いものが多いです。

 

「レミオロメン」というバンド名、今ではスッカリ聞き慣れてしまいましたが、よくよく聞いてみると、何を意味しているのかわかりませんよね。
このままだと、

  • メンバーに果物の「メロン」が好きな人がいたのかな?
  • デカメロンなどのギリシャの物語から取ったのかも?

なんて噂や憶測も立ちかねません。

 

ここらでひとつ調べてみることにしました。

 

意外と普通の理由でした

レミオロメンのバンド名の由来は、インターネットで探すと、簡単に見つかってしまいました。
実はメンバー全員の好きな言葉をつなげて、完成した言葉のようです。

 

3人でジャンケンをして、一番最初に勝った人が1文字、2番目の人が2文字、3番目の人が3文字を付けられます。

 

1番最初に勝ったのがボーカルの藤巻亮太さん。
彼はレディオヘッドが好きだったので「レ」を選択。

 

2番目はドラムの神宮司治(おさむ)さん。
当時の彼女の名前と自分の名前から1文字ずつ取るという、最高に安易な理由で「ミオ」を選択。

 

最後の前田啓介さんは、路面電車が好きなころから「ロメン」をチョイス。

 

こうやって、できあがったのが「レミオロメン」というわけなんですね。
私も非常に勉強になりました。

 

人によって違うこだわり

そういえばバンド名にしろ、会社名にしろ、人によって全くこだわりが違いますよね。
座右の銘みたいなものから発想する人もいるし、後から振り返って恥ずかしいと嫌だから、レミオロメンのようにまったく適当に付けてしまう人もいますし。

 

有名になってしまえば、どんな名前でもカッコよく響くようになりますから、結局は何でも良いのかもしれませんね。